PetVoice

PetVoice利用規約(※β版暫定)

PetVoice利用規約(※β版暫定)

    この規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社PetVoice(以下「当社」といいます。)が提供する動物用健康管理デバイスによって、犬又は猫(以下「ペット」といいます。)の健康情報その他の情報を取得・収集し、ユーザーに対し、アプリケーションを介して当該情報を提供し、ペットの健康を管理する等のハードウェア・ソフトウェア融合型サービス「PetVoice」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものであり、本サービスを利用するすべてのユーザー及び利用希望者に適用されます。ユーザー及び利用希望者は、本サービスを利用する前に、本規約をよくお読みください。本規約に同意されないユーザー及び利用希望者は、本サービスを利用することはできません。

第1条(適用)

1 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
2 当社が、本サービスの利用画面又は当社サイト(次条において定義します。)に本サービスに関する個別規定や追加規定(以下「個別追加規定」といいます。)を掲載する場合や、ユーザーに個別追加規定をメール等により送信する場合、それらの個別追加規定も本規約の一部を構成するものとし、個別追加規定が本規約と抵触する場合には、当該個別追加規定が優先されるものとします。

第2条 (定義)

本規約において使用する以下の用語は、以下に定める意味を有するものとします。

  • (1) 「当社サイト」:当社が運営する本サービスを提供するウェブサイト(https://www.petvoice.co.jp/)をいいます。(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。)
  • (2) 「利用希望者」:本サービスの利用を希望する者をいいます。
  • (3) 「ユーザー」:第4条に基づいて本サービスの利用者としての登録がなされた者をいいます。
  • (4) 「登録獣医師」:当社専属の獣医師及び当社と提携する獣医師をいいます。
  • (5) 「PetVoice CORE」:ペットに装着することにより、第11号に定義する活動データを取得し、第7号に定義する「PetVoice HOME」に転送するデバイスをいいます。
  • (6) 「PetVoice BELT」:PetVoice COREをペットに装着するためのベルトをいいます。
  • (7) 「PetVoice HOME」:PetVoice COREから受信した活動データを、当社のクラウド上のサーバーへ送信すること及びユーザーがPetVoiceアプリを通じて自宅の冷房設備を操作すること等ができるデバイスをいいます。
  • (8) 「本デバイス」:「PetVoice CORE」、「PetVoice BELT」及び「PetVoice HOME」の総称をいいます。
  • (9) 「貸与デバイス」:当社がユーザーに対してレンタルする「PetVoice CORE」「PetVoice HOME」をいいます。
  • (10) 「本アプリ」:ユーザーが携帯端末等にダウンロードし、活動データを受信、表示、閲覧等することができる当社提供のアプリケーションをいいます。
  • (11)「活動データ」:PetVoice COREが取得するデータ(トイレ・食事・飲水回数、毛繕量、室内温度等)及びそれらの情報から推定したデータをいいます。
  • (12)「コンテンツ」:ユーザーが本サービスでアクセスすることができる一切の情報(文章、画像、動画その他のデータを含みますが、これらに限りません。)をいいます。
  • (13)「ユーザーコンテンツ」:ユーザーが本サービスで記載、記録、アップロード又は送信するコンテンツをいいます。
  • (14)「知的財産権」:あらゆる国、州、地域又は法域の下での、すべての特許権、実用新案権、商標権、意匠権、著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)その他の知的財産権(それらの権利を申請し、及びそれらの権利につき登録、更新又は延長等の手続を行う権利を含みます。)をいいます。
  • (15)「反社会的勢力」:暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他の反社会的活動を行う団体又はその構成員をいいます。
  • (16)「法令等」:法律、政令、通達、規則、命令、条例、ガイドラインその他の規制の総称をいいます。

第3条(本規約の変更)

1 当社は以下の場合に、当社が必要と認めた場合は、本規約を変更することができます。

  • (1) 本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき
  • (2) 本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

2 前項の場合、当社は、変更後の本規約の効力発生日の2週間前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を当社サイト又は本サービス上に掲示し、又はユーザーに電子メール等の電磁的方法で通知します。
3 前二項に定めるほか、当社は、当社が定めた方法でユーザーの同意を得ることにより、本規約を変更することができます。

第4条(登録)

1 利用希望者は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、ユーザーとしての登録を申請することができます。
2 利用希望者は、以下の各号のいずれかに該当する場合にはユーザー登録申請を行ってはならず、本規約の有効期間中に該当した場合には、直ちに当社に通知しなければなりません。当社は、利用希望者が以下の各号のいずれかに該当し又は該当するおそれがあると判断した場合には、事前又は事後の通知なく、その登録を拒否することができます。なお、当社は、当該登録拒否の理由を開示しないものとします。

  • (1) 本条又はその他の当社の定める登録要件を満たさない場合
  • (2) 当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
  • (3) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
  • (4) 刑事裁判手続において有罪判決を受けた若しくは受ける可能性が認められる場合
  • (5) 反社会的勢力に所属し若しくは所属していた場合、又はこれらと何らかの交流若しくは関与等がある場合
  • (6) 過去に当社との契約その他の合意に違反した場合又は本サービスその他当社のサービスの登録を拒否若しくは取消しされた場合、又はその関係者に該当する場合
  • (7) 本規約に違反する行為を行い又は行うおそれがある場合
  • (8) その他当社が登録を不適当と認める場合

3 未成年者が本サービスの登録をする場合には、法定代理人の同意を得た上でユーザー登録を申請するものとします。未成年者が登録を申請した時点で、本サービスの登録、本規約への同意及び本利用契約の締結について、法定代理人の同意があったものとみなします。本規約の同意時に未成年であったユーザーが成年に達した後に本サービスを利用した場合、当該ユーザーは、本サービスに関する一切の法律行為を追認したとみなされます。
4 当社は、当社の裁量において、利用希望者のユーザー登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を利用希望者に通知します。利用希望者の登録は、当社が本項の通知を行ったときに完了し、当社は登録完了と同時に、ユーザーがー任意に設定したユーザーIDとパスワードが有効になります。
5 前項のユーザー登録完了により、利用希望者と当社との間で、本規約の諸規定に従ったサービス利用契約(以下「本利用契約」といいます。)が成立し、ユーザーは、本規約の目的の範囲内でかつ本規約に違反しない範囲で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。

第5条(ユーザーID及びパスワードの管理)

1 ユーザーは、自己の責任においてユーザーID及びパスワードを管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。当社は、当該ユーザーID及びパスワードの一致を確認した場合、当該ユーザーID及びパスワードを保有するものとして登録されたユーザーが本アプリ・サービスを利用したものとみなします。
2 ユーザーID及びパスワードの管理不十分又は第三者の使用等による損害の責任は、ユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
3 ユーザーは、ユーザーID及びパスワードが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第6条(本サービスの内容)

1 本サービスで提供される内容は以下の各号に定めるものとします。

  • (1) 活動データの取得・提供・閲覧及び室内温度の操作等によるペットの健康管理
  • (2) 登録獣医師への相談と活動データの共有
  • (3) 前各号のほか当社が別途当社サイト等で定める事項

2 本サービス及び本デバイスはペットの健康管理を目的としたものであり、動物用医療機器ではありません。また、前項第2号に定める相談時の登録獣医師による回答等は、獣医学・獣医療情報の提供の範囲で行われるものであり、診療行為ではありません。

第7条(利用料)

1 ユーザーは、本サービスの利用の対価として、別途当社の定める利用料(事務手数料その他の費用を含みます。)を当社に支払うものとします。利用料の金額及びその支払方法については、本規約に定めるほか、当社サイト上の掲示その他の方法により当社が別途指定するところに従うものとします。
2 本サービスの利用料は、当該月にユーザーが本アプリ・サービスを利用したか否かにかかわらず発生します。
3 ユーザーが利用料の支払を遅滞した場合、ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。
4 当社は、当社が必要と認めた場合は、利用料の金額又は金額プランを変更することができます。その場合、当社は、変更の効力発生日の2週間前までに、変更する旨及び変更後の内容とその効力発生日を、当社サイト又は本サービス上に掲示し、又はユーザーに電子メール等の電磁的方法で通知します。ただし、法令上ユーザーの同意が必要となる変更の場合は、当社は、当社が定めた方法でユーザーの同意を得るものとします。
5 当社は、本サービス、その他本サービスの利用に関する支払の決済及び情報処理に、第三者による決済処理サービスを利用する場合があります。当社は、第三者による決済処理サービスの利用に起因し又は関連する論争、クレーム、訴訟、権利侵害又は損害について一切責任を負わないものとします。

第8条(本デバイスの管理)

1 ユーザーは、本デバイスの購入時又はレンタル時に添付された書面等に定められた遵守事項を守って本デバイスを管理又は利用しなければなりません。当該遵守事項は、随時更新され、本アプリ又は当社サイトに表示されますので、ユーザーは、最新の遵守事項を確認するものとします。
2 前項の遵守事項の違反に起因して、ユーザーに何らかの不利益又は損害(情報の流出その他有形・無形を問わずあらゆる不利益を含みます。)が生じても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第9条(貸与デバイスの故障等)

1 当社は、本利用契約が存続する限り、貸与デバイスに故障や動作不良等(以下「故障等」といいます。)が発生し、正常に作動しない場合、無償で交換を行うものとします。
2 ユーザーが、貸与デバイスを紛失等し、当社に対して代替品の提供を請求する場合、当社は有償で代替品の提供を行うものとします。この場合、ユーザーが、紛失等が生じた貸与デバイスを当社指定の場所へ送付する際の費用及び当社が新たな貸与デバイスをユーザーに対して送付する際の費用は、ユーザーが負担するものとします。
3 第1項により、貸与デバイスに故障等が発生し又は貸与デバイスを紛失等した場合であっても、当社は、第7条の利用料の返還を行いません。
4 ユーザーが、故障等が生じた貸与デバイスを当社指定の場所へ送付する際の費用及び当社が交換した貸与デバイスをユーザーに対して送付する際の費用は、当社が負担するものとします。

第10条(貸与デバイスの返還)

1 ユーザーは、本利用契約の期間満了、解約、解除により、本利用契約が終了した場合、貸与デバイスを本利用契約終了後直ちに当社に返還するものとします。この場合、貸与デバイスを当社指定の場所へ返還する際の費用は、ユーザーが負担するものとします。
2 契約者は本利用契約終了後も合理的な理由なく、前項に定める返却発送を行わなかった場合には、延滞料金として通常のサービス利用料が継続課金されるることに合意するものとします。

第11条(ユーザーの義務)

1 ユーザーは、本規約及び当社が別途定める本サービスの利用条件又は取扱説明等に従って、本サービスを利用するものとします。
2 ユーザーは、本利用契約の有効期間中、登録情報に変更があった場合、当社所定の方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知しなければなりません。

第12条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用に関して、以下に定める行為を行ってはなりません。

  • (1) 本規約に違反する行為
  • (2) 法令等に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
  • (3) 反社会的活動に関する行為、又は反社会的勢力に対する利益供与
  • (4) 当社又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為
  • (5) 以下に該当し又は該当すると当社が判断する情報を、当社又は他のユーザーに送信する行為
       ア 当社、他のユーザー又はその他の第三者の名誉又は信用を毀損する表現を含む情報
       イ 暴力的又は残虐な表現を含む情報
       ウ わいせつな表現を含む情報
       エ 差別を助長する表現を含む情報
       オ 自殺、自傷行為等を助長する表現を含む情報
       カ 薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報
       キ 反社会的な表現を含む情報
       ク スパム、チェーンメール等の、第三者への情報の拡散を求める情報
       ケ 違法な勧誘、宣伝等を含む情報
       コ 他人に不快感を与える表現を含む情報
       サ コンピュータ・ウィルスその他の有害なコンピュータ・プログラムを含む情報
       シ 布教及び宗教の勧誘を目的とする情報
  • (6) 当社のネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
  • (7) 当社のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし又は不正なアクセスを試みる行為
  • (8) 他のユーザーのユーザーID及びパスワードを利用する又は利用させる行為
  • (9) 本規約で明示的に認められる場合又は別途当社が認める場合を除き、本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他利用する行為
  • (10) 本サービスの運営を妨害し、又は当社の信用を毀損する行為若しくはそのおそれのある行為
  • (11) 本サービス又は当社サイトに関連するプログラムを変更、削除、逆コンパイル、逆アセンブル若しくはリバースエンジニアリングする行為、又はネットワーク監視若しくは検出ソフトウェアを使用し、当社サイトのサイトアーキテクチャを決定する行為
  • (12) 本サービスのシステムの一貫性や安全性を妨害し若しくは損なう行為、又は本サービスを実行しているサーバーへの発信又は当該サーバーからの発信を解読することを試みる行為
  • (13) 無効なデータ、ウイルス、ワーム、又はその他のソフトウェアエージェントを、本サービスを通じてアップロードする行為
  • (14) 本規約において明示的に認められる場合又は別途当社が認める場合を除き、本サービスを商業目的、又は第三者に利益を与える目的で利用する行為
  • (15) 前各号の行為を直接又は間接に惹起し又は容易にする行為
  • (16) その他当社が不適切と判断する行為

第13条(本サービスの変更、停止及び中断)

1 当社は、当社の裁量により、本サービスの内容を変更し、又は提供を終了することができます。当社が本サービスの提供を終了する場合、当社はユーザーに事前に通知します。
2 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を一時的に停止又は中断することができるものとします。

  • (1) 本サービスにかかわるコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的に又は緊急に行う場合
  • (2) コンピューター若しくは通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング、その他予期せぬ要因により本サービスの提供が困難となった場合
  • (3) 本サービスに関するセキュリティ上の問題が生じた場合
  • (4) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変、疾病・感染症の流行等の不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
  • (5) 本サービスの適法な運営が困難となった場合
  • (6) その他当社が本サービスの停止又は中断が必要であると合理的に判断した場合

3 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第14条(契約期間)

本利用契約の有効期間は、第4条第5項に定める契約成立の日から1ヶ月間とします。ただし、期間満了の1日前までに当事者のいずれからも何らの申出がないときは、本契約は、同条件で更に同期間継続されるものとし、その後も同様とするものとします。

第15条(解約)

1 ユーザーは、当社所定の方法で当社に通知することにより、本利用契約を解約することができます。この場合、ユーザーは、当社の定める解約の効力発生時点から本サービスを利用できなくなるものとします。なお、月の途中の解約であっても、日割計算による当月の利用料の返金等は行わないものとします。
2 ユーザーは、解約にあたり、当社に対して負っている債務がある場合、その一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対してすべての債務の支払を行わなければなりません。
3 誤って解約手続をした場合その他理由の如何を問わず、ユーザーが本サービスを利用する権利を失った場合、ユーザーは、ユーザーID、ユーザーコンテンツその他本サービスに蓄積した情報を利用することができなくなります。

第16条(解除)

1 ユーザーが以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、当社は、ユーザーに事前に通知又は催告することなく、ユーザーによる本サービスの利用を一時的に制限し、又は本利用契約を解除することができます。

  • (1) 本規約のいずれかの条項又は保証した事項に違反した場合
  • (2) 第4条第2項各号の登録拒否事由のいずれにかに該当した場合
  • (3) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
  • (4) 解散又は清算の手続開始が決議又は決定された場合

2 ユーザーは、前項各号のいずれかに該当した場合、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対してすべての債務の支払を行わなければなりません。
3 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わず、有料サービスの利用料の返金を行いません。

第17条(知的財産権及びユーザーコンテンツ)

1 本サービスに関する知的財産権(ユーザーコンテンツを除きます。)は、すべて当社又は当社に利用を許諾している者に帰属しており、本利用契約の締結又は本サービスの利用許諾は、本サービスに関する知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
2 ユーザーコンテンツに係る知的財産権は、ユーザー又はユーザーに利用を許諾している者に帰属し留保されます。
3 ユーザーコンテンツのうち他のユーザーにも公開されたものに限り、ユーザーは、当社に対し、非独占的、世界的、無償、無期限、取消不能、サブライセンス可能、譲渡可能な一切の利用(使用、複製、配付、上映、送信、頒布、貸与、展示を含みますがこれらに限りません。)及び二次的著作物の作成及び利用を許諾したものとみなします。

第18条(免責及び補償)

1 当社は、ユーザーの相談を受ける登録獣医師とユーザーとの間で行われる連絡、会話内容、交渉その他登録獣医師による一切の情報提供につき関与せず、一切の責任を負いません。
2 当社は、本サービス及び本デバイスが、ユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性・完全性を有することを保証するものではありません。
3 当社は、当社が提供する本サービス及び本デバイスが正常に作動すること及び将来にわたり正常に作動すること、並びに、本サービスにおいて、本デバイスが常時利用できることを保証しません。また、本サービス及び本デバイスが正常に作動しないこと及び利用できないことにより利用者が損害を被った場合、当社は当該損害に関して一切責任を負いません。
4 ユーザーは、本サービスの利用に関連して他のユーザー又はその他第三者との間で生じた取引、連絡、紛争等については、自己の費用負担と責任において対応及び解決するものとし、当社は一切の責任を負いません。
5 ユーザーは、ユーザーの本規約に反する行為に関連して当社又はその関係者が損失、支出、損害、債務等を負担した場合、その一切について、補償するものとします。

第19条(情報の取扱い)

1 当社は、ユーザーの個人情報を、当社プライバシーポリシー(https://www.petvoice.co.jp/policy/)に従って取り扱います。ユーザーは、当社がこのプライバシーポリシーに従って個人情報を取り扱うことに同意するものとします。
2 当社は、本サービスを通じて提供する活動データの正確性を保証するものではなく、ユーザーに損害が生じた場合又はその他第三者との間に生じた紛争について一切責任を負わないものとします。
3 当社は、活動データを当社プライバシーポリシーに定める利用目的その他当社が別途定める利用目的で利用することができ、また、登録獣医師に提供することができるものとします。
4 本利用契約が事由の如何を問わず終了した場合、当社は、活動データ及び本デバイス上の設定その他ユーザーから提供を受けた情報等を直ちに削除等することができるものとします。

第20条(連絡先)

本サービスに関する当社からユーザーに対する連絡、通知等は、原則として、本サービスの画面を通じて又はユーザーが当社に提供した電子メールアドレス宛に行うものとします。

第21条(秘密保持)

1 ユーザーは、当社がユーザーに対して秘密に取り扱うことを求めて開示した情報について、当社の書面による事前承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うことを確認し、了承します。
2 ユーザーは、当社から求められた場合はいつでも、当社の指示に従い、遅滞なく、前項の秘密情報及び当該情報を記載又は記録した書面その他の記録媒体物並びにそのすべての複製物等を返却又は廃棄しなければなりません。

第22条(譲渡)

ユーザー及び当社は、相手方の書面による承諾なく、本利用契約上の地位又は本利用契約に基づく権利若しくは義務について、第三者に譲渡、移転、担保設定し又はその他の処分をしてはなりません。

第23条(反社会的勢力の排除)

1 ユーザー及び当社は、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。

  • (1) 自ら又は自らの役員が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)であること
  • (2) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
  • (3) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
  • (4) 自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってする等、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
  • (5) 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有すること
  • (6) 自らの役員又は自らの経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

2 ユーザー及び当社は、自ら又は第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを保証します。

  • (1) 暴力的な要求行為
  • (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
  • (3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
  • (4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
  • (5) その他前各号に準ずる行為

第24条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定又は部分は、継続して完全に効力を有するものとし、当社及びユーザーは、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第25条(存続条項)

第5条第2項、第7条第3項及び第5項、第8条第2項、第10条、第13条第3項、第15条第2項及び第3項、第16条第2項及び第3項、第17条、第18条、第19条、第22条、前条乃至次条、並びにその他規定の性質上当然に存続すべき規定は、本利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

第26条(準拠法及び管轄)

1 本規約及び本サービス利用に関する準拠法は日本法とします。
2 本規約又は本サービス利用に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2021年6月1日 制定】